店主のふるさと福岡県大牟田市の市役所庁舎の建て替えが検討されているみたいです。

故郷を離れている人間の勝手な郷愁かもしれませんが、大牟田市役所、壊してしまうにはもったいない建物なのです。
大牟田市は積極的に内部の写真を公開されていない(見学も撮影も可能だけど)ようなので、WEB上で見つけたサイトをまとめておきます。
大牟田市役所本庁舎旧館  登録有形文化財(建造物)
年代: 昭和11
西暦: 1936
構造及び形式等: 鉄筋コンクリート造4階建、建築面積1378屐塔屋付
JR大牟田駅前に位置する。正面を62mとしたRC造4階建の庁舎建築で,中央背面に議場を張り出す。縦長窓を密に配した採光に配慮したつくりで,複数の蛇腹と中央部の柱形で外観を引きしめる。正面中央部には5層の塔屋を設け,中心性を強調する。(出典:文化庁国指定文化財データベース)

 建築様式としては、「近世式鉄筋コンクリート四階建」と呼ばれる様式で、中央に塔屋4階を配し、優美でモダンな建物として、官公庁に広く用いられましたが、現在となっては、非常に珍しい建造物となっています。本市の都心部のほとんどが焦土化した第二次世界大戦の戦火にも耐え抜いた貴重な建造物であり、戦火を耐え抜いた“証”として、戦時中使用された、
 1.高射砲の台座(屋上北側) 2.防空監視用のコンクリート製哨(屋上南側)3.防火用水槽(本庁舎中庭)
などが今も残されています。防火用水槽にいたっては、非常に小さなものですが、今もなお手洗い場の水受けとして利用されています。
庁舎内部は、基本的には建設当時の漆喰壁であり、大理石を利用した階段や廊下もそのままですが、老朽化とニーズの変化に合わせ、木枠の窓からサッシへと、また、空調設備の設置、OA化の進展に伴うOA機器の新たな設置、改修工事など、建設当時のいでたちはなくなりつつあります。そのような中でも、現在の市民協働総務課や教育委員会事務局の執務室には、飾りが施された天井や漆喰壁、今は使用されていないマントルピース(暖炉)など、建設当時そのままのものも残されています。(出典:大牟田市WEBサイト)
<公的サイト>
<ブログ>
大牟田市役所潜入レポ(響きとバイクと山遊び)https://hibiki15.blog.so-net.ne.jp/2009-07-09
 戦時遺構についての写真とレポ
大牟田市庁舎(さすらいのとーふ)https://ameblo.jp/tofu3/entry-12225060002.html
 アールデコ期の装飾(暖炉・吹き抜け・柱装飾・ドア・階段)などの写真が豊富
<WEBサイト>
 落成当時の旧貴賓室の写真と現在のこるマントルピースの写真があります
大牟田空襲の際のがれきの中の市役所庁舎写真。市役所から撮影した大牟田市内の様子など。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

amazon

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM